*


FC2ブログでイラストブログを作る際に気をつけたいこと

      2015/12/15

520

 

ブログサービス大手FC2でのイラストブログを作る際にちょっと気をつけたい、気にしたいことを書いてみたいと思います。

FC2ブログオススメの理由は、そのお手軽さからです。

イラストブログを作りたいけれど、どうしようかなと迷っている方の選択肢のひとつになれば、と思います。

 

登録簡単

 

FC2ブログへアクセスして新規登録をします。

簡単な入力だけで良いので、初めてブログを作る方も安心ですよ。

 

テンプレートはシンプルなものに

 

登録し、自分のブログができたら、早速テンプレートを選びましょう。

ここでイラストブログでオススメなのは、シンプルなテンプレートです。

自分のイラストを目立たせたいのですから、可愛かったり装飾がたくさんあるテンプレートではなく、

シンプルでなるべく白の色のテンプレートを選ぶと後々イラストブログとして見栄えのするものになるかと思います。

 

HTML知識が少しある方は

 

HTMLが少しいじれる方は、思い切って装飾が全くないものを選び、

自分でカスタマイズしていくのも手ですよ。

自分の見せたいイラストの幅にブログ幅を変えたり、ヘッダーに自分のイラストを使ったり。

サイドバーも自分好みにアレンジすることが可能です。

 

ちなみに、私がFC2で運営しているイラストブログは、いじる前提で配布されているテンプレートを使い、

自分好みにカスタマイズしています。

 

イラストはサムネイルまたは、手をかけて表示サイズを決める

 

ブログの外側が整ったら、あとは記事を書くだけです。

記事を書く際にこれだけは!と思うのは、イラストの表示サイズです。

 

現在FC2ブログで配布しているテンプレートの中には、ブログの記事表示幅が狭いものもあります。

そういった場合、まずは、ブログ記事表示幅を広げます。

そして、それに合わせて最大どれぐらい大きな画像を表示できるのかを計算し、

イラストをサムネイル表示していく必要があります。

 

私のブログの場合、ブログ幅が500px、イラストの最大横幅を400pxとしています。

このように、ブログの幅によってイラストのサイズを固定することによって統一感が出ます。

 

この、表示イラストサイズは、FC2のブログ機能で「サムネイルで記事を書く」というものもあり、

自動で大きさを変えることができますが、私は手動で小さいブログに合うサイズを作るのをオススメします。

サムネイルですとぼけてしまう場合もあり、大きく表示してくれないお客さんには、ぼけた印象の画像として見られてしまったりします。

また、サムネイル表示を選択すると希望の大きさに表示がしにくい場合もあり、不便です。

 

そのため、手動で最初に見てもらう小さいサイズのイラストを作り、下にリンクで「大きく表示」など大きくイラストを表示するという方法がオススメです。

 

ジャンル別にバナーやボタンを作ってカスタマイズ

 

FC2ブログには、サイドバーを自由にカスタマイズすることができる「フリーエリア」を設定できます。

そのフリーエリアでは、広告を乗っけたり、各種ウィジェットをのせることができたりしますが、

自分のジャンル別に作ったカテゴリへのリンクをバナーやボタンにて載せておくこともできます。

 

バナーやボタンで誘導すると、トップに表示してあるイラスト以外も見てもらえますし、

イラスト付きのバナーだったりすると、どんなジャンルの作品を描いているのか一目瞭然で

お客さんにも優しいです。

 

今回はFC2ブログでイラストブログを作るときに、ちょっと気をつけたいことを書いてみました。

FC2ブログがイラストブログに向いている理由は、長くなってしまうので、また別の記事にて書きたいと思います。

 

 

 

 - WEBのこと

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ブログを4種類運営してみて、ブログを分ける必要性について考えた
愚痴やへこんだことは溜め込まないで発言しよう ただし、TwitterやFacebookではなく、リグレトで!
イラストブログのシンプルな運営方法
イラストブログを毎日更新するメリット・デメリット
イラストブログオススメの理由(fc2ブログの場合)
ブログに締め切りを設けることで更新回数が増えるブログになる
自分のイラストで待ち受けやアイコンを作って配布、利用規約についても
イラストブログ、ジャンルごとに分ける?一つにまとめる?
【イラストブログ運営】どのレベルのイラストをUPする?
ブログのネタ出しスケジュール決めの3ステップ