*


「本屋の奥さん」続編シリーズ「あの商店街の、本屋の、小さな奥さんのお話。初恋本屋。」(あらすじ)

      2015/12/19

あの商店街の、本屋の、小さな奥さんのお話。初恋本屋。

 

高橋しんが描く少女漫画「あの商店街の、本屋の、小さな奥さんのお話。」の続編、

初恋本屋。」がお店に並んでいたので、読みました。

本編同様、とても心がほっこり切なくなり、恋がしたくなりました。

 

各お話のあらすじを簡単に書いていきたいと思います。

ネタバレをしないのは、ぜひぜひ読んでもらいたいからです。

 

初恋本屋。

 

昔、奥さんの本屋さんで悪ガキとして本棚に登って本を読んでいた、ケンジくんが大きくなって恋をするお話です。

お相手はひなちゃんという、本が好きな女の子で、二人はすでに恋愛未満のお付き合いをしています。

 

いつも商店街から離れた図書館にてデートをしていますが、そんなお付き合いで良いのか悩むケンジくんと

自分の気持ちをしってもらいたいひなちゃんの、素敵な恋のお話です。

 

これを読んだら、大事な人を、もっと大事にしたいなって思いになりますよ。

 

彼女の本棚。

 

奥さんのお店がある街に、大きな図書館ができます。

閑古鳥が鳴いてしまう奥さんのお店と、その図書館で働く司書さんのお話です。

 

奥さんの本棚で育った人たちが、本好きになって、図書館と、本屋さんで共存していく様子が描かれています。

この、司書さんが難しい方のように思えるのですが、お話が進むにつれて心がよくわかるようになります。

 

時代が動いていく、お話です。

 

恋文小説。

 

奥さんの本屋さんの向かいの八百屋のハチ奥さんの旦那さん・漱一郎の若い頃のお話です。

恋の小説を書いているハチと出会った漱一郎の、恋をしたいなって気持ち、青春が描かれています。

 

奥さんの旦那さんについてはほとんどどんな人だったかが描かれていなかったので、

知ることができてよかったです。

恋を、したかった、そんな男性なんだなって。

 

恋読む好日。

 

奥さんハチが都会に芝居を観にデートにいくお話です。

楽しみではりきっちゃう奥さんとそれをフォローしていくハチが素敵です。

 

数年間、一緒にいて距離が縮まっているのかわからなかった二人ですが、

このお話で、ほんの少しだけ距離が縮まったように感じました。

 

 

どのお話も、本編同様、素敵なおとぎ話です。

恋をしていたり、家族を想ったり、そんな色々なストーリーが綴られています。

この漫画は、今年年末にゆっくりして読んでもらいたいなと思います。

それくらい、おすすめですよ、本編と一緒にぜひ。

 - 漫画

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ワカコ酒6巻
ワカコ酒6巻も美味しそうなワカコのぷしゅー(ネタバレ有)
漫画 短編集メリーバッドエンド 内容とレビュー(ネタバレ有)
ヤコとポコ 2巻 水沢悦子
漫画「ヤコとポコ」2巻もほのぼの心がきゅっとなる(ネタバレ有)
長いお休みにおすすめ! 漫画 34歳無職さん 
漫画 ヤコとポコ 内容とレビュー(ネタバレ有)
パパと親父のウチご飯 3巻
漫画「パパと親父のウチご飯」3巻も心あったまる(ネタバレ有)
ごほうびごはん
漫画「ごほうびごはん」1週間に1回のご褒美なご飯のお話!(ネタバレ有)
プリンセスメゾン
漫画「プリンセスメゾン」独身女性が家を購入しようとするお話(ネタバレ有)
漫画家ごはん日誌
食いしん坊なら夢中になる「漫画家ごはん日誌」
おすすめ漫画 創太郎の出張ぼっちめし(ネタバレ有り)