*


液晶タブレットを初めて購入してから1ヶ月使ってみた感想

   

541

 

液晶タブレット初心者が、液タブを使ってみてから丸1ヶ月経ったので、

感想を書いてみます。

メリットとデメリットもありますが、大きな感想としては液晶タブレットはとても素晴らしい文明の利器です。

 

板タブより便利、やれることが広がった

 

まず最初に、これに尽きると思います。

今まで使っていたペンタブレット・通称板タブより、できることが広がったように感じます。

板タブだと、どうしても線画を描くのが苦手だったのですが、

今は液タブで線画からカラーまで行うことが出来てとても楽です。

 

私は線画を描くときに、筆圧が強くて太い線になってしまったり、すぐペン先がつぶれたりしていたのですが、

そういったこともなく、細い線も自由自在にかけるため、様々なシーンで液タブを活用することができます。

 

紙に描いている感覚に近い

 

こちらも、板タブとの比較ですが、画面に直接描くため、紙に描いている感覚に近く、

ぶれた線になりづらくなりました。

保護フィルムの関係で、完全に紙と同じ書き心地とまではいきませんが、

それでも、板タブよりはとっても使い易いです。

 

私は、液タブを買ってから、半分のイラストは線画から液タブで描いています。

 

線画の修正もしやすくなった

 

まだまだアナログでも線画を描きますが、その取り込んだアナログ線画の修正も、やりやすくなりました。

拡大して、細かいところをそのまま描き込む感じで修正できるので

とても楽ですし、失敗も少ないのでやり直したりする手間がなくて、とても良いです。

 

以前に比べて線画の修正がスムーズになったと感じます。

 

ソフトが勝手に戻ってしまう

 

iMacに接続していて、サブディスプレイ扱いなのですが、クリップスタジオなどのソフトパレットなどを

液タブのほうに固定しているつもりが、たまに起動時に失敗するのかメインのiMacに戻ってしまい、

パレットもろもろを設定し直さねばならなくなります。

 

この辺の原因が分からないので、一応液タブ起動中にペイントソフトの終了を押して、

ペイントソフトを立ち上げるときは液タブの電源を入れた状態にしています。

気をつけていても、原因がわからないため困ったりしています。

 

起動していると熱をもってくる

 

やはり、ディスプレイで排熱システムがないため、熱をもってきます。

長時間使用する際は少し気になります。

今は冬場だから大丈夫ですが、これから暖かくなってからが心配です。

 

手もだんだん熱くなってくるので、少し困りますね。

 

ギラつきは感じないが、やはり目が疲れる

 

他の機種と比べたことがないので、所謂ギラつきというものはよくわかりませんが、

やはり液晶を長い間近くで見つめているため、目は疲れます。

私は液タブを使い始めてから、ブルーライトカットレンズのメガネを使うようになりました。

これで少しでも目に優しくなると良いのですが。

 

長時間の使用には休憩をこまめに挟みたいですね。

 

 

 

こんな感じで、総合すると、便利だけど、少し困った部分もあるって感じですね。

癖がある感じなので、うまく付き合っていけたらと思います。

また、使っていて気になった点があればまとめてみたいと思います。

 

 - PCのこと

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

iMac Retina 5Kディスプレイモデルを買って、以前使っていたiMacから移行した方法
Apple Thunderboltディスプレイが分厚い理由
iMac 24インチ 画面にノイズが入る、起動しなくなる現象の解決方法
iMac同士のデータ移行はOSを揃えなくても成功するのか
AUKEY USB アダプター iMac
iMac専用 USBポートが使いやすくなる AUKEYのコネクタ
iMac Retina 5Kディスプレイモデルの画面の広さをレビュー
液晶タブレット ワコム 13HD
液晶タブCintiq 13HDをiMacにつないでペイントソフトを使うまで
MacBook 絵描き クリエイター 設定
MacBook(Mid2015)を買ってイラストを描けるように設定したお話
OS X YosemiteにしたらiPhotoが使えなくなった…代わりになるカメラからの写真の取り込み方法
MacBook Mid 2015 開封
MacBook(Mid 2015)を購入!開封する前から準備しておいたほうがいいもの