*


自分のイラストで待ち受けやアイコンを作って配布、利用規約についても

      2016/01/24

640

最近、TwitterなどのSNSで使えるようなアイコンに、人のイラストを使っている人もいますよね。

もし、自分のイラストがそうなってしまったらと考えると、少し悲しいですよね。

そこで、逆にイラストで先にアイコンを作ってしまって、しっかり利用規約を作って配布してみてはどうでしょうか。

 

イラストを配布するのに抵抗のある方もいるかもしれませんが、

私のイラストブログでやったら、なかなか好評だったので、個人的にはオススメです。

 

まずは、利用規約をしっかりとつくる

 

利用規約、しっかりと定めましょう。

 

私の場合は、個人での利用(TwitterやLINEなどで単純に使う場合)は

使用報告やサイトの名前を掲載しなくて良いという感じにしました。

これは、たくさんの人に使ってもらいたかったのと、その場合、一人一人に対応している時間がないと考えたためです。

後にアクセス解析でたくさんダウンロードされていたので、この方法で良かったと思いましたが、

自分のイラストがどこで使われているか分からないと不安な方は、必ず報告をしてもらうと良いですね。

 

他に、WEBサイトで使う場合やニコニコ生放送などのアイコンとして使う場合は

イラストを使用したページや紹介文に必ず「サイト名」と「アドレス」を入れてもらうようにしています。

こちらは、宣伝にもなりますし、自分が描いたと言われないためです。

 

このように、どこでどのように使われるかによって

利用規約を定めておいて、公開する際に見やすい所にリンクを貼ると良いですよ。

 

アイコンや待ち受けを配布する

 

これが、なかなか人気ジャンルだったりすると、お客さんが増えてくれたりするのですよね。

よく、「ジャンル名 キャラ名 待ち受け」なんかで検索してくれて、ブログにたどり着いてくれたりするので

集客に一役買ってくれていると感じます。

 

また、アイコンも、SNSで使いやすいようなサイズや、枠を付けたり、背景をビビットな色にしたりして

使いたい感じにデザインすると、画像検索にのったときも目立ちますし、使ってもらいやすくなります。

 

配布する際には、それ用に描くか、もとあるイラストを簡単に加工するなどして、

ちょっとブログ上で見れるイラストと差別化を図ると良いかもしれないですね。

 

 

私もちょっと前までは、イラストの配布ってどうなのかって思っていましたが、

検索などの結果を見て、やり始めてからは、逆に集客の方法としてとても使いやすいものだなと感じています。

画像自体、作りやすいですし、更新もしやすいです。

 

なにより、自分の作ったアイコンを使ってTwitterをしている方がフォローして下さったり、

使ってますと報告してもらえると、嬉しいです。

勝手に使われていた頃よりも、とても幸せに感じます。

 

イラストが使われちゃうよって方は逆に配ってみるのもありですよ。

 

 - WEBのこと

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ブログに締め切りを設けることで更新回数が増えるブログになる
イラストブログ、ジャンルごとに分ける?一つにまとめる?
イラストブログオススメの理由(fc2ブログの場合)
どんな場所で書く?ブログを書く環境
イラストブログを毎日更新するメリット・デメリット
ブログを4種類運営してみて、ブログを分ける必要性について考えた
FC2ブログでイラストブログを作る際に気をつけたいこと
雑多な日記ブログでも毎日更新するとお客さんはきてくれる
ブログにあれやこれや足してもごちゃっとしない方法
ブログのネタ出しスケジュール決めの3ステップ