*


イラストを描くとき自分の中の法則性を無視して描くようにしたら何倍もお絵描きが楽しくなった!

      2016/03/15

727

 

たまにはイラストの話題でも。

私は頭が硬いのでイラストを描くときも法則性や決まりごとを作っていたのですが、それをなくしてみたらイラスト描くのが以前よりも楽しくなったし、出来上がったイラストも良くなったのではないかな、と思ったお話です。

 

がっちりかたまった頭で

 

もともと美術・デザインを学んでいたので、デッサンをしたりイラストをちょこちょこ描くことはあったのですが、友達でとても上手い子とかいるしで私はあまりイラストを趣味とかでは描きませんでした。

美的センスを学んでいたので、上手い方ではない、と分かっていたので。

それが約2年前にイラストを載せたブログをやりたいな、と思い立ちペンタブを新調して、クリスタというイラストソフトを手に入れてから毎日のように描くようになりました。

 

その頃からつい最近まで、イラストを描くときは決まりごと、法則性を作って描いていたのですね。

例えば同じ作品だったら線の色はこれ、ボカシ具合はこれ、色味、影の筆はこれ。

ミニキャラだったら手の形はこう、目の形はこう、と決めていました。

これはグラフィックデザインをするときと一緒で、決まっていた方がその時は楽だし、見栄えが揃って見えると思っていたのですね。

 

しかし、決めることによって確かに線の色は揃っているかもしれないけれど、自分の中で何かが足りないイラストだと感じていたのです。

 

思い切って法則性を無視することに

 

ついこの間のことなんですけれど、思い切ってその法則性を破ってみたのです。

線の色も、塗りも、以前のものと違うものにしてみたり。

とにかく、自由に。

そうしたら、少しだけ今までより垢抜けたようなイラストになった気がしたのですよね。

 

いやぁ、本当に頭が硬かった。

イラストを描く時って感覚は大事だし、それをセーブして描くって、魅力も半減してしまうんだなと感じました。

そのことがきっかけになり、今はイラストについて以前より工夫するようになったし、描いていてより楽しくなりました。

 

 

 

趣味ですが、イラストを描き始めてから約2年、液タブを手に入れてから3ヶ月、まだまだ新しい発見が多くて面白いです。

また2年後くらいに、これを発見できた!ということがあってイラストが大きく変わったりするのかな、とか思っています。

とても楽しみだし、これからも毎日描いて日々精進していきたいです。

 

 

 - イラスト, デザイン

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事