*


クリスマスに読んでもらいたい本 小さな森の大きな木

   

147

メリークリスマスイブということで、

今回はクリスマスに読んでもらいたい本をご紹介です。

 

さよならポニーテール 小さな森の大きな木

 

 

さよならポニーテール(ゆりたん・クロネコ)著

 

ポップグループさよならポニーテールの長編漫画です。

以前紹介したものと違って、さよポニのメンバーのお話というよりは

パラレルワールドでのお話です。

他の漫画のように、学生をしていたりはしません。

 

モミュの木がある世界の、一人の女の子のお話

 

主人公はアインという女の子です。

汚染されていく世界の大きな木のある小さな森の中で暮らしているアインと、

大きな木に行こうとして出会ったヌルという

不思議な生物のお話です。

 

さよならポニーテールといえば、モミュの木の向こう側というアルバムがありますが、

そのタイトルに出てくる大きなモミュの木と呼ばれる木が出てきます。

 

人型植物が暮らす世界

 

アインは人間の女の子ですが、アインの暮らす森では

人間は人型植物という、永遠の命をもつ生物になっています。

主人公アインのおばあさんも、人型植物です。

 

そんな世界で、お母さんが人間として育てたいと言っていたからと

アインは人間のまま育ちます。

 

結末はちょっとほろり

 

詳しく書いてしまうとネタバレになっちゃうので書きませんが、

結末はちょっぴりほろりとしてしまいます。

アインがどういった子供なのか、世界がどうなっちゃうのか。

そんな結末になっています。

 

 

 

 

クリスマスにこの本をおすすめするのは、

この本には大事な人同士のつながりがあるからです。

家族がみんなそれぞれみんなのことを考えていて

世界のことを考えていて行動するのが、見ていてとても心にぐっときます。

 

ぜひ、本屋さんで見つけたら読んでみてください。

 

 - 漫画

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

3月のライオン 昭和異聞 灼熱の時代
漫画3月のライオン 灼熱の時代 唯一のスピンオフ(ネタバレ無)
漫画 ワカコ酒ってどんなストーリー?(ネタバレ有り)
トラップホール ねむようこ
漫画「トラップホール」どん底まで落ちる女の一夏のお話(ネタバレ有)
エッセイ漫画 百姓貴族 荒川弘の百姓話!
おとりよせ王子飯田好実 漫画
おとりよせ王子飯田好実 思わずお取り寄せしたくなる漫画(ネタバレ有)
にゃん天堂 2巻
漫画「にゃん天堂」2巻で完結!伝説のゲームを作る!(ネタバレ有)
ラララ 金田一蓮十郎
漫画「ラララ」女医とリストラ男の結婚ラブストーリー(ネタバレ有)
あの商店街の、本屋の、小さな奥さんのお話。初恋本屋。
「本屋の奥さん」続編シリーズ「あの商店街の、本屋の、小さな奥さんのお話。初恋本屋。」(あらすじ)
ヤコとポコ 2巻 水沢悦子
漫画「ヤコとポコ」2巻もほのぼの心がきゅっとなる(ネタバレ有)
いくえみ綾 太陽が見ている(かもしれないから)
漫画「太陽が見ている(かもしれないから)」青春のキュッとした憎い気持ちとかが読める(ネタバレ有)