*


漫画 ヤコとポコ 内容とレビュー(ネタバレ有)

   

171

 

花のズボラ飯の水沢悦子さんが描いている、ヤコとポコという漫画を

今回はご紹介です。

 

ヤコとポコ

 

 

水沢悦子 著

 

「革命」というものがあった、パソコン使わない、スマホもない

FAXでやりとりするような世界で漫画家をやっているヤコと

そのアシスタントロボットのポコのお話です。

 

ヤコは漫画家

 

主人公ヤコはぽんぽこ出版のラスカルという雑誌で

少女漫画を描いています。

そこそこな人気具合の漫画を描いていて、

たまにカラーのお話があって喜んだりするくらいです。

 

ポコはアシスタントロボット

 

ポコは漫画のアシスタントをしているロボットです。

ヤコが新人賞の時にもらって、それからずっとアシスタントをしています。

 

ロボットには三段回の設定ができる

 

この世界のロボットには

  • かんぺき
  • てきとう
  • ダメ

の3つのモードが設定できます。

かんぺきは仕事をなんでも完璧にこなすのですが、燃費の消費が激しいし、

いびきのような寝息がすごい。

てきとうはなんでもてきとうに仕事をこなすけれど、燃費も低燃費。

ダメモードは何をしてもだめです。

 

ロボットの主人は、最初にこのモードを設定するのですが、

ヤコはポコをてきとうモードにしています。

仕事で使うロボットはみんなかんぺきモードが多い中、

何故てきとうなのかも漫画に書いてあります。

 

お話はゆっこペンを集めながら進んで行く

 

ヤコとポコはゆっこペンという

昔、ゆっこさんというイラストレーターが作ったペンを集めていきます。

 

そのペンは、例えばうらやましかった友達んちの猫色とか、

色々な面白い名前のペンがたくさんあり、その中の1本でも

思い出の色が同じだったら幸せになれると言われています。

 

ポコがとにかくかわいい!

 

水沢さんの漫画はキャラクターが可愛いですが、

ポコもとってもかわいいです。

 

ゆっこペンも、ポコが頑張って集めたりしています。

てきとうモードですが、一生懸命仕事をして

とてもえらいポコなので、ヤコもいつもは厳しいのですが

たまに甘やかしています。

 

 

水沢さんワールドがとても楽しめます。

可愛いネコ型ロボットや、色々な動物型ロボット、

人物もみんな可愛いです。

うさくんではないと水沢さんは言いますが、

うさくんの時に感じる可愛いときめきと同じものを

強く感じることができる作品なので、うさくんファンにも

おすすめです。

 

 - 漫画

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ごほうびごはん
漫画「ごほうびごはん」1週間に1回のご褒美なご飯のお話!(ネタバレ有)
漫画「5時から9時まで」12巻は甘い恋のターン(ネタバレ有)
ワカコ酒6巻
ワカコ酒6巻も美味しそうなワカコのぷしゅー(ネタバレ有)
脳内ポイズンベリー 漫画
漫画脳内ポイズンベリー 脳内会議してしまうお話(ネタバレ無)
いくえみ綾「私・空・あなた・私」さっくりホームドラマ風で面白い(ネタバレ有)
漫画「ゆうべはお楽しみでしたね」ドラクエXなルームシェア話(ネタバレ有)
きのう何食べた? 11巻 てぬぐい
漫画「きのう何食べた?」11巻は限定版にてぬぐいがついてくる!(ネタバレ有)
よつばと! 13巻
漫画「よつばと!」13巻は新キャラが!(ネタバレ有)
いくえみ綾 太陽が見ている(かもしれないから)
漫画「太陽が見ている(かもしれないから)」青春のキュッとした憎い気持ちとかが読める(ネタバレ有)
花のズボラ飯 3巻
漫画「花のズボラ飯」3巻は花が天才なズボラご飯がたくさん!(ネタバレ有)