*


ぼのぼのえほん しまっちゃうおじさんのこと レビュー(ネタバレ有)

   

180

 

ぼのぼのという漫画の絵本、

しまっちゃうおじさんのこと」です。

 

しまっちゃうおじさんがトラウマになっている方もいるのではというくらい

ぼのぼのの世界では有名ですが、こうして絵本にまでなっています。

今回はそんなしまっちゃうおじさんのことをご紹介です。

 

しまっちゃうおじさんって?

 

漫画ぼのぼのの、主人公ぼのぼのの空想の世界にいる

岩でできた押入れの中に悪い子をどんどんしまっちゃうおじさんのことです。

 

「悪い子はどんどんしまっちゃうよー」としまおうとしてくるのですが、

ぼのぼのの想像の中の人物なのでみんなは知らない、わからないのです。

たまにぼのぼのはしまっちゃうおじさんのことを友達のアライグマくんと

シマリスくんに話しているのですが、二人は信じていません。

 

絵本 しまっちゃうおじさんのあらすじ

 

 

いがらしみきお 著

 

朝寝坊をするぼのぼのをしまっちゃった、しまっちゃうおじさん。

そんなおじさんがどこにいるのか、自分の頭のなかにしかいないのか

気になってしまうぼのぼの。

しまっちゃうおじさんが本当にいるのか。

ぼのぼのはしまっちゃうおじさんにあるお願いをします。

 

ぼのぼのの世界のしまっちゃうおじさんの立ち位置がわかるような

わからないようなそんなお話です。

 

 

 

私はしまっちゃうおじさんって子供ごころながら、

怖いなっておもっていたのですが、今回この絵本を読んだら

しまっちゃうおじさんについて少し誤解をしていたのかなと思いました。

 

しまっちゃうおじさんが好きな方も、そうでない方も

しまっちゃうおじさんのことを再認識し、好きになってしまうかも。

そんな絵本です。

 

子供の頃ぼのぼのをみてしまっちゃうおじさんが思い出になっている方に

読んでもらいたい1冊です。

 

 

 -

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

花のズボラ飯 レシピ
花のズボラ飯 うんま〜いレシピ 簡単おいしいが詰まっている
型までつくれる カラークッキーBOOK で可愛いクッキーを作ろう
漫画家ごはん日誌
食いしん坊なら夢中になる「漫画家ごはん日誌」
ブックマ。レビューとおすすめくまの本
絵と言葉の一研究 寄藤文平
寄藤文平の絵と言葉の一研究 デザイナーにもそうでない人にもオススメの本
リラックマ ここにいます
あったかいリラックマの本、「ここにいます」
ミルク世紀を読んで、ミルクを飲んで、ミルクに詳しくなろう!